-->
カードキャッシングなどの支払い内容というものは、会社の方針に応じてだいぶ違いがありまして、多様な手法が導入されてます。一般的には残高スライド法やリボ法が取り入れられているみたいです。かような誰しもがわかっているリボ払ですけれども本当のことを言えば計算手法にいろんな様式というものがあったりするのです。そうしてさような方法によっては支払総額が異なってきてしまいますので心得ておいて損はないと思います。それでは易しくこれらの形式のギャップについて説明します。はじめは元金均等払いというもので二つめは元利均等払いというものです。両者は読んで字のごとく、元本について均一に返済していくという方式と元本と利息に関して全部で均等に支払っていくという方法になります。このケースではもしも10万円借りたというふうに実際のところ如何様な算出をしていくのか試してみます。利分に関しては両方とも15%というように計算します。またリボルディング払いについての額は1万円というふうに考えます。最初に元金均等払いです。こんなケースの最初の返済に関しては1万円へ金利分の1250円を合計した支払になります。その次の返済に関しては1万円へ利率分の1125円を加えた返済額となります。かくして10回分にて支払をお終いにすると言う形式です。一方元利均等払いというものははじめの支払いに関しては1万円ですが元金に8750円利息へ1250円といったように分配します。次回の支払いについては元金が8750円へと減少した状態で利率を算定してその1万円から再び割り振ります。要するに元利均等払いの場合は10回で支払いが終了しないという勘定になります。こればかりのずれで両者がどれくらい変わっているのか十分理解してもらえたことかと思います。元利均等というものは元金均等と比肩して、はっきりと元金が縮小するのが緩やかというような短所というものが存在したりします。即ち利息を余分に払うといった状態になります。一方では、はじめの引き落しが些少な額ですむといった強みというものも存在したりするのです。かような支払い手法に関するずれによって支払いトータルというのは相違してきますのでご自分の返済計画に合致する方法を取るようにしましょう。

Link

Copyright © 1997 www.swahilifashionweek.org All Rights Reserved.